2017年最新の海外旅行保険付きクレジットカードおすすめランキング!

16545683

クレジットカードに付帯されている海外旅行保険とは?

海外旅行へと行くに当たり、万が一のために三井住友海上、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動火災保険といった保険会社の海外旅行保険に加入する方は増えています。

  • 短期間の海外旅行だけど保険に入らないのは不安
  • 旅行会社に勧められた海外旅行保険が良いと感じた
  • 日本とは違って海外は危険だから万全の準備をしないと気が済まない

上記のように考えている方は多く、「どの保険会社のプランが良いのだろうか・・・」と頭を悩ませてしまうかもしれません。

海外旅行保険付きのクレジットカードって何?!

そんな時にお金を支払って保険へと加入しなくても、賢くクレジットカードを使うことで自動的に海外旅行保険が付帯されるのです。海外旅行保険を全くのタダ(無料)にしてくれるというわけなんです。

現在では数多くのクレジットカードで海外旅行保険が付帯されており、入会金や年会費が無料のカード会社を選択すれば余計な費用を負担する必要はなくなってしまうのです。

  • 交通事故による怪我で死亡した際や後遺症が残った際に支払われる「死亡・後遺障害保険金」
  • 怪我や病気で医療機関へと支払う治療費を負担してくれる「傷害治療・疾病治療保険金」
  • 他人の持ち物を壊してしまった際に支払われる「個人賠償責任」
  • 海外へと持ち込んだ自分の財布やデジカメなどが盗難に遭った際に支払われる「携行品損害」
  • 親族や救済者が現地まで来る交通費が支払われる「救援者費用保険金」

金額はカード会社によって違いが生じているものの、上記のような補償がクレジットカードでカバーしてくれるのです。

最も大切なのは傷害・疾病治療費用の補償です

海外旅行で最も大切なのは死亡による補償ではなく、怪我や病気の治療費を補償してくれる傷害・疾病治療費用だと考えられています。

クレジットカードではその補償がなされており、無料で海外旅行保険が適用されるからこそ合算できるよう複数枚のカードを持つ方が多いのです。

  • クレジットカードの付帯保険では十分ではありませんよ
  • 海外の治療費は高額になりやすいので無制限のプランへと加入しましょう
  • 安心して旅行を満喫するには絶対に加入するべきです

旅行代理店などで、このようなセールストークに乗せられて有料の保険会社と契約してしまったという方はいるかもしれません。

販売型の海外旅行保険に一切のメリットがないわけではありませんし、クレジットカードの付帯保険では補えない補償もしてくれます。

注意すべき点も4つあります

高額な治療費が必要となるのは4万回の海外旅行で1回程度だと言われており、無料で付帯されているクレジットカードの海外旅行保険でも十分なのです。

ただし、「1枚のクレジットカードを持っていれば安心」というわけではなく以下のような注意点があります。

  • 年会費がかかるクレジットカードはその分のコストを支払う形となる
  • 作成するクレジットカードによって補償金額には差が生じている
  • 利用付帯のカードはホテル代金やバス代などクレジットカードで決済しなければならない
  • 適用されるのは旅行期間初日~90日間なので長期間に渡る滞在の際には注意が必要

海外旅行保険に関してはクレジットカード会社の公式サイトで詳細が記載されているので、どんな補償が受けられるのか必ず事前にチェックしておいてください。補償内容、補償額や補償条件などはカード会社によって、全く違ってきます。「海外旅行保険さえ付いていればどれでもいい」というわけではなく、「本当に役に立つカード」を慎重に選んで下さい。参考になるのが、下記のランキングです。

海外旅行保険が付帯されたクレジットカードのおすすめランキング!

13832238

このページでは、海外旅行保険が付帯されたクレジットカードのおすすめランキングをご紹介しています。

  • 種類が多過ぎてどんなクレジットカードを作成すれば良いのか迷う
  • できる限りコストがかからないクレジットカードが欲しい
  • 海外旅行保険の付帯が充実したカードを作りたい

上記のような悩みを抱えている方のために、おすすめのクレジットカードを幾つか挙げてみました。

ランキング形式でまとめているので、どのような違いがあるのか比較してみましょう。

第1位 エポスカード

年会費永年無料という大きな特徴を持つクレジットカードがエポスカードで、「持ってて良かった」と多くの方から愛されています。

当然のように入会金も必要なく、以下のように海外旅行保険の補償も充実しているのが大きなメリットです。

傷害死亡・後遺障害:最高で500万円
傷害治療費用:1事故200万円
疾病治療費用:1事故270万円
賠償責任:2,000万円
救援者費用:100万円
携行品損害:20万円
epospic

他にも、どのような点がおすすめなのか以下では簡単にまとめてみました。

  • エポスカードを持っているだけでゴールドカードの招待(インビテーション)が届く可能性がある
  • 1年間に4回ある「マルコとマルオの7日間」という会員限定のサービスの利用でマルイでのお買い物が1割引きになる
  • レストランやコンビニなどありとあらゆるVISA加盟店でポイントが貯まる
  • 一部のネットショップの利用に限り、エポスポイントが30倍になる
  • 映画館やカラオケなど多種多様な店舗で10%~30%程度の割引サービスが受けられる
  • セキュリティが充実していて盗難や紛失、ネットでの不正利用による保障がなされる

上記のように海外旅行だけではなく、日本国内の利用でも利便性の高いクレジットカードだとお分かり頂けるはずです。

ショッピング好きな方にとってベストな1枚ですし、口コミを見てみると比較的審査に通りやすいので一度エポスカードを申し込んでみてください。

第2位 楽天カード

「お得なクレジットカードが欲しい」という方におすすめできるのが楽天カードで、当サイトのランキングでは2位に位置しています。

年会費は永年無料なのでコストの負担が少なく、以下のように自動付帯の海外旅行保険もついているので安心です。

死亡・後遺障害:最高2,000万円
傷害治療費用:最高200万円
疾病治療費用:最高200万円
賠償責任:最高2,000万円
携行品損害:最高20万円(免責金額3,000円)
救援者費用:最高200万円
rakutenpic

利用付帯のクレジットカードの場合は持っているだけでは海外旅行保険は適用されず、ツアー代金や公共機関などの支払いでカードを使わなければなりません。

その点、楽天カードは自動付帯なので持参しているだけで良いですし、以下のようなメリットもあるので国内での利用にも適しています。

  • 街中のお店でもネットショップでも楽天スーパーポイントの還元率が1%
  • 全員にポイントが付与されるキャンペーンが年がら年中実施されている
  • 毎週末に行われている楽天カード感謝デーにエントリーすると楽天カードの決済でポイントが2倍貯まる
  • クレジットカード発行のスピードが速く、専業主婦でも比較的審査に通りやすい部類に入る
  • 楽天プレミアムカードや楽天PINKカード、楽天ANAマイレージクラブカードなど種類が多い

現在では新規入会で5,000ポイント付与キャンペーンが実施されているので、楽天カードの公式ホームページで詳細をチェックしておいてください。

第3位 JCBEITカード

「有料のクレジットカードと比べると年会費無料のカードは機能面で劣るのではないか?」と不安を抱えている方はいるかもしれません。

しかし、JCBEITカードは年会費が無料でも充実したサービスが受けられます。

傷害死亡・後遺障害:2,000万
治療費用:100万万円
賠償責任:2,000万円
救援者費用:100万円
携行品損害:20万円
eitpic

他にも、どのような点がおすすめなのか以下では簡単にまとめてみました。

  • 海外旅行での怪我や病気に備えて手続きや届け出が不要で最高2,000万円まで補償する海外旅行保険が付帯される
  • JCBEITカードの本会員だけではなく家族会員も同様の補償が受けられる
  • 初年度だけではなく何年間に渡って持ち続けても一切のコストがかからない
  • 1ポイントで5円の価値がある「Oki Dokiポイント」が1,000円で2ポイント貯まる
  • 1,000円以下の買い物でも1ヶ月間の合計金額によってポイントが貯まる
  • 安心してインターネットショッピングができるように「JCBでe安心」制度が採用されている
  • 学生や主婦でも審査に通りやすく、オンラインでの申し込みで最短で3日で発行される

このように、無料でもJCBEITカードのサービスやサポートが充実していることがお分かり頂けるはずです。

また、リボ払い専用のクレジットカードなのもJCBEITカードの特徴の一つとなっています。

「リボ払いは手数料が高いからやめた方が良いのではないか?」と不安を抱えている方は多いものの、実質一括払いで利用できるので手数料を抱えるリスクがありません。

海外旅行にも日常のショッピングにも役立つので、JCBEITカードの詳細は公式ホームページで確認しておいてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする